Open Source Sofware


ホーム > 海外ビジネスサポート

海外ビジネスサポート

沖縄県産業振興公社海外事務所に勤務する所長・駐在員からのレポートや貿易に関すると取引準備・契約・輸出入方法をご紹介。



《貿易の基礎知識》 | 取引準備 | 契約 | 輸出入手続き

《海外所長・駐在員レポート》最新の5件のみ表示しています。

  • 2016.08.02【北京事務所】SNSで沖縄アピール

    タクシーで商談先へ。車を呼ぶのはDidi、支払いはwechat。
    車中で来月の出張の手配。航空券はctrip、ホテルはBookingで。
    ついでにwechatとweiboでニュースや話題、友達の動向をチェック。
    ランチはどんなレストランのメニューも届けてくれるbaidu waimaiで注文。 
    仕事の打ち合わせもwechat上で。大型ファイル送信も超高速。
    帰り道、コンビニで買い物。wechatで決済。
    夜。午前中にjingdongで注文したお米と洗剤と野菜とお肉が届く。
    深夜、友人の誕生日のプレゼントをtaobaoで物色...

    中国の都市部ではここ数年、すっかりスマホのアプリがなくては生活できないようになってしまいました。これは全く大げさな話でなく、ごく普通のホワイトカラーの日常は、仕事もプライベートもすっかりアプリのサービスに依存しています。

    モノやサービスの購入では、日本等では当たり前の、充実した物流網や快適に買い物できる店舗の普及を待たずして、一足飛びにアプリでそれ以上の便利さを享受できるようになっています。
    そしてまた、アプリは情報の流通の仕方も変化させました。
    広〜い国土に環境も人種も所得もバラバラの人たちが住むこの国では、全国津々浦々に同じように情報を届けることはもともと至難の業でした。
    これもスマホが普及してSNSアプリが必携になり、瞬時に情報がかけまわり、全国で話題になるトピックが毎日のように飛び出すようになりました。そして、生活レベルや教育レベル、趣味、世代の違いに応じてオピニオンリーダーとなるブロガーが生まれ、数十万、数百万単位のフォロワーが付くようになり、大きな影響力を持っています。このあたりは既存メディアがまだまだ強い他国とは全く違う状況です。

    というわけで。6月、北京事務所では、OCVBのプロモーション事業の一環として、某大手カメラメーカーとのタイアップで、中国のSNS上で著名なブロガーモデル親子を沖縄へ招聘、新しい体験型の旅の魅力を発信しました。
    今回招聘した彼女はいわば有名読者モデルのような存在。彼女のSNSを通じた発信が、フォロワーや他のメディアに転送され、検索され、情報が多くの人の目に触れることになります。ロケは天気に恵まれ、娘さんとの、そして家族3人の、素敵な写真がたくさん撮れました。
    彼女は旅や料理、外国文化に関する著書もあり、フォロワーもおのずとその方面に感心のある"旅好きオシャレママ"みたいな人が多いと想定されます。ステキな写真がまたSNSアプリでどんどんシェアされて、"一度行ってみたいあこがれのデスティネーション沖縄"のイメージが広がることに期待です。
    (担当:森田)

    20160802_img1_beijing.jpg

    20160802_img2_beijing.jpg

    20160802_img3_beijing.jpg

    20160802_img4_beijing.jpg

  • 2016.08.02【福州駐在所】輸入業者等の調査

    県では、中国への輸出拡大を目的として、中国現地における輸入業者等の調査を実施しています。
    今月は、その一環で厦門市内の進口商品直営中心(輸入品専門店)に行き、商品の輸入業者と販売代理店の調査を実施しました。店の中に入ると、日本の輸入品が沢山並べてあり、まるで日本のスーパーのようで驚きました。
    そこで輸入品の写真を数枚撮り、そのラベルに記載されている輸入業者と販売代理店を表を作成し記録しました。中国の商品と異なり、輸入品はさらに厳しい検査を受けているため、本国の商品より信頼を得ることができます。もっと沖縄の商品を中国に輸入することで沖縄の商業貿易を促進出来ると考えられます。                                         
    (担当:李)

    ※本文は、福州事務所にインターンシップで来た学生の李さんが作成しました。

    20160802_img1_fuzhou.jpg

    20160802_img2_fuzhou.jpg

  • 2016.08.02【台北事務所】高雄ビール祭★沖縄参戦

    7月末に開催される『高雄ビール祭(高雄啤酒節)』に沖縄が特別招待されることになりました!

    20160802_img1_taipei.jpg

    20160802_img2_taipei.jpg

    今回は野外フードフェス 『Okinawa Food Flea』 から1店舗が出店することになりました。6月末に台湾から美食家や芸能人、ブロガーさん達が来沖し、『Okinawa Food Flea』参加店舗を巡る試食ツアーが実施され、ツアー終了後北谷町にある焼き鳥屋「月と器」さんの参戦が決定!
    「月と器」店主の石井さんは、「沖縄中の食の名店が集結する『Okinawa Food Flea』を世界に発信していきたい」と意気込みを語りました。

    20160802_img3_taipei.jpg

    20160802_img4_taipei.jpg

    『高雄ビール祭』は高雄市政府が主催する今年で8回目となる大イベントで、ビールに合うおつまみを出す選りすぐりの屋台が多数出店する他、連日多彩な音楽ライブも開催される人気イベントです。その中でも毎年、海外からの招待枠には特に注目が集まるそうです。(ちなみに昨年は香港から招待)

    高雄ビール祭 https://www.facebook.com/ksbeerfestival/

    『Okinawa Food Flea』は、"本気で美味しいと思い、食べてもらいたいと思う料理だけを出す"という究極のコンセプトで、いま沖縄で最も話題を集めている食イベントです。
    今回は台湾の皆さまに、多様な食文化が混ざり合う新しい"ちゃんぷるー文化" も感じて頂けたらと思っています!
    (担当:郭)

    Okinawa Food Flea https://youtu.be/zNKV7SW3o1o

  • 2016.08.02【上海事務所】上海ディズニーランド開園

    中国本土初となる上海ディズニーランドが16日開園し、来園者を迎えた。開園初年度は国内の旅行客を中心に少なくとも1,000万人が訪れる見通し。経済水準の高まりを背景に、国内で文化的水準の向上や国際化が進む中、国際的なテーマパークの開園は、中国の豊かさを象徴する出来事といえそうだ。

    ディズニーの主なテーマパークとしては、日米や香港などに続き世界で6都市目。ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は開園前日の式典で「中国にただディズニーランドを建てたのではなく、中国のディズニーランドを作った」と、中国の文化や伝統などを念頭に置いたことを強調した。

    上海ディズニーランドは中国企業の上海申迪集団との合弁事業で、投資額は55億米ドル(約5,710億円)。2011年4月に着工し、途中、拡張に向けた計画変更などがあったため完成が遅れ、開園までに約5年を費やした。計画面積は7平方キロメートルで、香港ディズニーランドの3倍の広さとなる。

    沖縄からは東京ディズニーランドより近い距離にあるので、ぜひ多くの県民の皆様にも足を運んでいただきたい。
    (担当:顧)

    20160802_img1_shanghai.jpg

    20160802_img2_shanghai.jpg

  • 2016.08.02【香港事務所】SOGO沖縄フェア

    さて今年の6月29日から7月5日までの間、香港随一の繁華街コーズウェイベイにて毎年恒例のSOGO沖縄フェアが開催されました。
    香港で沖縄の県産品を取り扱っているサプライヤー6社にご出展いただいた他、毎年恒例の県事務所ブースも設け、ラッキードローと観光PRを実施しました。

    20160802_img1_hongkong.jpg

    20160802_img2_hongkong.jpg

    今年のSOGO沖縄フェアの目玉は何といっても「近大マグロ」。近畿大学が完全養殖に成功し、日本で有名なマグロの一つであるこの近大マグロですが、沖縄にも養殖場があることを皆様はご存知でしょうか。昨年から養殖を開始しており、2?3年後には沖縄から近大マグロが出荷される見込みです。フェア期間中は近大マグロの解体ショーが行われ、会場は大いに盛り上がりました。

    20160802_img3_hongkong.jpg

    最近「海の声」をカバーして、話題になっている沖縄2人組「いーどぅし」より素晴らしい曲を演奏して頂き、会場を盛り上げて頂きました!
    今回のSOGO沖縄フェアを通じて、沖縄県産品の良さだけではなく、沖縄文化も香港の皆さまに紹介できたと思います。
    (担当:ハワード)