Open Source Sofware


ホーム > 海外ビジネスサポート

海外ビジネスサポート

沖縄県産業振興公社海外事務所に勤務する所長・駐在員からのレポートや貿易に関すると取引準備・契約・輸出入方法をご紹介。



《貿易の基礎知識》 | 取引準備 | 契約 | 輸出入手続き

《海外所長・駐在員レポート》最新の5件のみ表示しています。

  • 2017.06.12【ベトナム駐在員】ベトナムには沖縄カルチャーがあった!?

    Xinh Chao(シンチャオ=こんにちは)!
    今回から、ベトナム駐在として現地情報をレポートする、古波蔵/徳嶺と申します。

    このレポートを通じて、ベトナムの現状や沖縄県との交流促進ができればと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

    第1回の今回は、ベトナムの「親日度」と「沖縄の認知度」についてです。
    先日、電通がクールジャパン事業の一環として実施した「ジャパンブランド調査2017」の結果で、日本に対する好意度は2014年、15年に続いてベトナムが1位(タイ、フィリピンと同率)を獲得しました。ベトナムは同調査を開始してから常に上位をキープしていて、私も現地においてそれを肌で実感しています。乗り物、家電製品、フードだけでなく、文化や風習に至る様々な日本ブランドがベトナムでは大変人気があります。
    バイクといえば口を揃えて「ホンダ」「ヤマハ」、アニメでは「ドラえもん」(コンビニにはドラえもんのキャラクターを起用した中華まんシリーズがあるほど)と名前が挙がる程です。

    vietnam1.jpg
    同調査による行きたい国では、東京が不動の1位をキープ、続いて京都、大阪、北海道と続き、なんと5位に沖縄がランクインしています。
    ただ、ベトナムにおいて沖縄の認知度は低く「日本の南にある、ベトナムと似た気候の小さな島」程度です。
    日本においては観光地の定番として有名な沖縄ですが、ベトナム人にとってはやはり東京や大阪がまだまだ日本旅行の定番となっているようです。
    ここ数年でGDP成長率が約6%ずつ伸び続け、国民の生活水準も格段に上がってきている中で、国外への旅行者は増加の一途を辿っています。また、生活水準の向上に伴い、「オーガニック製品・食品」の購買や高価格製品の使用と、量より質を選ぶ国民意識の変化も現れ始めています。
    日本でも有数の観光地であり、長寿の島としても有名な沖縄の料理や文化は、まさしくこのベトナムにはもってこいのタイミングと言っていいでしょう。食文化においても、下の写真の様に、非常に似ている料理がいくつかあります。

    vietnam2.jpg

    気候も南部では一年を通して約30度前後の為、育つ農作物の類似点や、最近でこそ鉄筋の建物が増えてきましたが、一般的には煉瓦造りの家が普及し、沖縄カルチャーが馴染みやすい市場があると思います。

    vietnam3.jpg

    また直近では、日本の旅行大手、地方テレビ局、航空会社が協力し、日本各地の物産や観光資源を現地メディア媒体によるPR、商業施設で物産展の開催、チャーター便の運航など総合的な宣伝活動を行っており、日本各地へのインバウンド向上を目的とした事業の沖縄県への協力・相談など、沖縄の資源を活かした観光誘致に伴うPR活動の重要性は増しています。
    (担当:古波蔵/徳嶺)

    沖縄県産業振興公社専用Facebookページリンク

  • 2017.06.12【台北事務所】お洒落な魚市場、上引水産

    初めまして。
    4月より台北事務所に赴任しました宮城です。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    今回は、台北市内にある魚市場、『上引水産』をご紹介します。
    この魚市場、高級和食料理店で有名な三井餐飲事業集團が、台北市政府所有の市場を利用して運営しているのだそうです。
    入り口をくぐると、新鮮そうな魚介類たちがお出迎え。

    taipei1.jpg

    並んでいる魚は、マダイやヒラメ、アカムツ(ノドグロ)にホッケ、タイセイヨウシャケ。カニでは、イチョウガニ、ズワイガニにタラバガニ・・・。その北の海のラインナップからも分るように、ほとんどが日本などの海外から取り寄せられたものだそうです。
    生簀での販売では、とにかくカニが多い印象。牡蠣やハマグリなどの貝もたくさんあります。
    そしてこの上引水産、新鮮な海の幸をその場で食べられるバーカウンターがあるのです。

    taipei2.jpg
    海産物だけでなく、ワインや清酒を楽しむバーとしても楽しめます。

    この魚市場は、「生きのいい海産物を見て、そのまま食べられる市場」というコンセプトで、とにかく新しいスタイルのお店にしたい、という思いのもとに作られたとのこと。
    シックな色調の落ち着いた内装は、自社チームの試行錯誤の結果生み出されたものなのだそうです。

    テイクアウトコーナーでは、刺身が飛ぶように売れていき、次から次に補充されていました。

    taipei3.jpg

    マグロ、シャケが人気なご様子。
    台湾の方がこんなに刺身を好むとは、少し意外でした(ちなみに、台湾の方々が刺身を食べる習慣は日本統治時代に取り入れられたものだそうです)。

    「魚市場」の枠にとらわれない雰囲気を持つ上引水産。
    平日・休日を問わず、たくさんの地元の方々が買い物と食事に訪れています。
    そこは、台湾の人々が何を好むのか、ということが垣間見える場所でした。

    (担当:宮城)

    沖縄県産業振興公社専用Facebookページリンク

  • 2017.06.12【上海事務所】まはえちゃん、上海本格デビュー!

    4月前後は旅行関係のイベントが多く開催される季節である。夏の旅行シーズンに向けて、各社旅行商品づくりに最適な時期なのだろうか。今年は、4月7日〜9日にDRTというダイビングの博覧会、4月20日〜23日に上海WTF旅行博が開催され、OCVBブースにおいて、沖縄から多くの県内事業者が出展し沖縄のPRを行った。

    shanghai1.jpg
    これらイベントを華やかにしたのは、沖縄の代表的ゆるキャラ「まはえちゃん」である。昨年度末から上海にも常駐するようになり、DRTにおいてデビューを飾った。その愛らしいスタイルは多くの来場者の心をつかみ、老若男女を問わず一緒に写真を撮っていた。これから益々の活躍を期待したい。

    shanghai2.jpg

    (担当:大濱)

  • 2017.06.12【北米駐在員】グローバルイベント@Silicon Valley 参加記録

    ここ数週間、シリコンバレーでの"グローバル"なイベントへの参加が相次ぎましたので、その模様をご紹介します。
    1) 4月27日 "The Vault Mashup"
    サンフランシスコに新しくできたコワーキングスペース "VAULT"にて、北欧のコミュニティと日本のコミュニティが交わるイベントが開催され、そのパネルセッションに登壇しました。外国企業がアメリカ市場でビジネス展開していくにあたっての課題、チャンスなどについて他のパネリストとディスカッション。その前後は非常にアットホームな雰囲気の中で参加者のネットワークの時間となりました。

    思うに日本と北欧はある意味アメリカより文化的に近いところがあったりもするので、これを機に日本と北欧の間でもっと化学反応が生まれればよいですね。

    northamerica1.jpg

    northamerica2.jpg
    2) 5月5日 "TiE Con Japan Night"
    インドの起業家コミュニティの一大イベントTiEconが今年もSanta Claraで開催。TiEは世界にチャプターがあり、その期間中に日本チャプターのメンバーの方々が仕切ってJapan Nightが開催されました。日本在住20年とかのインド人と在米15年の日本人とかが、日本酒を飲みながらの交流。非常に優秀な起業家も多く参加していて、積極的に売り込みをしているのが印象的でした。

    northamerica3.jpg

    シリコンバレーにいるメリットの一つは、世界のキーパーソンやトップノッチの団体と効率的に接触できること。こういった機会を積極的に活かしてコミュニティを醸成していければと思います。
    (担当:大木)


    沖縄県産業振興公社専用Facebookページリンク

  • 2017.06.12【香港事務所】乾杯@MART BOX(セントラルPMQ)5月11日〜14日

    GWが明けると同時に沖縄は梅雨の季節が到来ですね。蒸し暑い日が続いていると思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか〜ちなみにここ香港には梅雨という言葉はありませんが、同じく雨の多い時期で、折り畳み傘が手放せません。湿度も連日のように90%前後と蒸し暑い日が続いております。さて、今回は先日開催された当所が携わったイベントについてお伝え致します。
     5月11日から4日間、中環(セントラル)地区にあるPMQという会場にて、日本のお

    酒とお祭りの雰囲気を味わえるイベント「乾杯」が開催されました。

    hongkong21.jpg

    日本酒の知識を学ぶことができる「日本酒ウォール」の設置や、出店スタイルによる日本酒や焼酎、ワイン等酒類の展示販売に加え、焼き鳥、アイスクリーム、団子等飲食の販売、またスーパーボール釣りや射的、輪投げ等のアトラクションもあり、お酒好きなお客様はもちろん、家族連れでも楽しめる内容のイベントで、多くの来場者で賑わいました。

    hongkong22.jpg

    そんな中、当所にて沖縄県観光物産ブースを設置し、パンフレットや販促物による沖縄県のPRに加え、泡盛の試飲や、星砂、フォトフレームが無料で作成できるワークショップを実施致しました。泡盛の試飲では、通常の泡盛の他、古酒や、4種類のリキュールを揃え、飲み比べをしていただきました。試飲したお客様の中には、購入希望の方や、2日連続で泡盛試飲を目当てに来場する方もいらっしゃり、多くの方に泡盛を楽しんでいただきました。また、ワークショップは無料ということもあり、子供連れを中心に大好評で、最終日は母の日とも重なったことから、母親へのプレゼント用に作成されるお客様もいらっしゃいました。たくさんある砂の色に目移りしながらも、自分で作った世界に一つだけの星砂を手に、写真を撮ったり、友人や恋人同士で交換しあったりと、思い思いに楽しまれていました。

    hongkong23.jpg

    イベントを通じて、さらに沖縄の認知度を高めることができ、「今度の旅行は沖縄にします」との声も聞こえました。是非沖縄を訪れていただいて、たくさんの楽しい思い出を作って頂けたらと思います。また地域柄、来場者には香港人以外のお客様も多く、沖縄の魅力を伝える非常に良いPRの場となりました。
    (担当:上原)

    沖縄県産業振興公社専用Facebookページリンク