Open Source Sofware


ホーム  > 《お役立ち情報》  >   > 食品・化粧品などの開発・技術に関する相談

食品・化粧品などの開発・技術に関する相談

(公財)沖縄県産業振興公社では技術・商品開発技術・商品開発に関する相談《健康・環境・バイオ・化粧品・食品関連》に関する無料専門相談をお受けしています。
相談は、専門コーディネーターが、個人事業者・創業予定者及び企業に対して技術面の相談指導を行うほか、大学・研究機関等の研究者とベンチャー企業等とのネットワークの形成のコーディネートを行います。


【相談日時】
毎週木曜日 

【場所】
公益財団法人 沖縄県産業振興公社

【相談内容】
個人事業者・創業予定者及び企業に対して技術面の相談
開発研究のコーディネート等
 ※例えば...

・健康商品を開発したい。
・商品の良さをアピールするため成分分析をしたい。
・パッケージやパンフレットの表示方法について困っている。
・食品の日持ちを長くしたい。
・商品の安全性を確かめたい。
・大学や研究機関と連携したい。
・商品を発明したが、事業化の方法に戸惑っている。
・アイデアはあるのだが、具体化の仕方がわからない。
・社内の開発体制を強化したい。

<対応事例>

技術・研究・成分分析・衛生・安全性・適法性・商品表示・商品企画・プランニング
産学連携・研究開発補助金申請等
健康食品の開発において、保健機能のデータを取りたい。健康食品の内容、商品化のスケジュール・販売計画、相談者の資金力・組織力等を考慮した上で、どのレベルの試験を実施するか検討。分析項目を決めて研究機関へ分析依頼した。分析結果に基づいて商品化作業のアドバイスを行った。
試作品の商品化に向けて、体にいい成分を大学で研究して欲しい。課題設定が商品の方向性とそぐわないことを指摘。分析センターで成分分析をさせ、商品化作業を指導。特許アドバイザーに橋渡しして、特許・商標出願させた。
商品開発のため大学と連携して臨床試験をしたい。商品の状況として臨床試験が許可されないことを指摘。受託研究機関を紹介して動物実験による機能評価を進めた。分析データや原材料を考慮して商品パッケージのアドバイスも行った。
産学連携によって開発した技術の事業展開についてバイオ専門の弁理士を紹介し、特許戦略と今後の事業方針を検討した。
特産品を開発したいが、加工手段を持っていない。農産加工技術を持つ企業とつなげ、商品化のアドバイスをおこなった。
新商品開発のために産学連携を希望技術課題を整理し、課題にマッチした大学研究者を紹介し、補助金申請書作成のアドバイスを行った。

※相談時間は1回あたり50分程度、問題が解決するまで何度でもご利用になれます
※急を要する案件で相談日まで待てない場合や、当社へ来社できない場合は、受付にその旨をお伝え下さい。柔軟に対応いたします。

【相談料】
無料

【受付方法】
できるだけ事前に電話予約をお願いします。

【相談員】
専門コーディネーター 照屋 隆司
専門分野(健康食品・バイオ関連)
 

-- 照屋隆司氏略歴 --

昭和42年
コザ市(現・沖縄市)に生まれる

平成4年
琉球大学大学院農学研究科農芸化学専攻 修了
酒造会社勤務

平成5年
沖縄県農業試験場研究補助員

平成6年
株式会社 トロピカルテクノセンター (TTC)研究開発部研究員
 紅麹菌に関する研究開発、民間企業からの依頼分析・技術指導等を担当

平成11年
「(有)開発屋でぃきたん」を設立 。
TTCレンタルラボを拠点に事業開始。
沖縄県商工会連合会登録エキスパート(特産品・食品開発)
専修学校サイ・テク・カレッジ非常勤講師(発酵化学・食品加工学)
特許管理士

平成14年
(公財)沖縄県産業振興公社 専門コーディネーター 現在に至る

【予約・お問合せ】
(公財)沖縄県産業振興公社 経営支援部 経営支援課
TEL098-859-6237 FAX098-859-6233
担当:近藤・上原