Open Source Sofware


ホーム  > 《お知らせ》  >   > 【受付終了】【11月21日開催】 「プロデューサーへの最初の第一歩」セミナー 第1回:映像系 のご案内

【受付終了】【11月21日開催】 「プロデューサーへの最初の第一歩」セミナー 第1回:映像系 のご案内

2013年10月23日(水)
カテゴリ:,

従来からプロデューサー不足が指摘されている沖縄県では、クリエイター自身がその役割を担っていくことも必要です。しかし、プロデューサーがどのような仕事をしているのか分かりにくいのが現状です。
本セミナーでは、各ジャンルの現場で活躍している方々(話題提供者)をお招きし、彼らの経験を通して「プロデュース」を身近なものに感じていただきたいと思います。そして、プロデュースは「自分でもできる」という考えを持っていただき、「初めの一歩」「更なる一歩」を踏み出すきっかけになればと思います。

第1回のテーマは映像系です。映画の製作で大きな課題でもある資金調達の方法(海外も含む)や、地域を舞台にした映画製作についてお話しいただきます。また、劇場を運営する立場から見た、映画製作についてのお話もお伺います。
「監督」と「プロデューサー」との違いにも注目しながら、プロデュースについて考えていきます。
映画だけでなく、映像分野に関わる全ての人、必見・必聴です!


【話題提供者プロフィール】
塩崎祥平
高校を卒業後、渡米。サンノゼ州立大学にて映画製作とメディアを学び、6年間を米国で過ごす。2004 年に帰国し百米映画社入社。同社製作映画のスタッフとして携わる一方、外国人キャストを起用した映画「明日への遺言」、「私は貝になりたい」「サイドウェイズ」「レオニー」などで演出助手、通訳として参加。2007 年3 月には、初監督短編作品「おとうさんのたばこ」を製作し、2009年、ハリウッド、エジプシャンシアターで開催された「Pictures Battle×Show Biz Japan」でグランプリを受賞した。2007年からは経済産業省「映像コンテンツ国際共同製作基盤整備事業/J-Pitch( 国際共同製作支援プロジェクト) 」のスタッフとして参加、映画企画開発ワークショップを担当。またセガサミーグループのマーザ・アニメーション プラネット株式会社において2年間企画開発のチームとしてストーリーコンペ企画に携わる。その後、地方における映画製作に注目し、2011年春に新潟県佐渡島に映画「佐渡テンペスト」を企画プロデュース。2012年、出身地である奈良県大和郡山で伝統産業の金魚を題材にファンタジー映画「茜色の約束」を長編初監督する。次回作も同じ奈良県を舞台に来年の撮影予定。

中江裕司
1960年京都生まれ。琉球大学農学部卒。1980年に琉球大学入学と共に沖縄移住。パナリ本舗代表。1992年、『パイナップル・ツアーズ』第2話「春子とヒデヨシ」でプロデビュー(日本映画監督協会新人賞受賞、サンダンスフィルムフェスティバル審査員特別賞、シンガポール国際映画祭招待、ベルリン国際映画祭フォーラム部門招待)。 1999年、『ナビィの恋』を監督(ベルリン国際映画祭NETPAC賞、芸術選奨文部大臣新人賞、文化庁優秀映画)。沖縄県内をはじめ全国的に大ヒット、沖縄では18万人を動員。「タイタニック」を抜く沖縄県の最多動員。2002年、『ホテル・ハイビスカス』(原作/仲宗根みいこ)が、全国公開され大ヒット(東京国際映画祭審査員特別賞、ベルリン国際映画祭、香港国際映画祭ヤングシネマ部門特別賞、台湾国債児童映画祭)。2005年、閉館した映画館を「桜坂劇場」として復活。クランク代表取締役社長に就任。その後、桜坂劇場の経営と平行し、映画、CM、テレビドキュメンタリーを多数監督。
[映画以外の作品] ◆テレビ・CM・演劇・イベントなど◆
◎ミュージックビデオ 宮沢和史「沖縄に降る雪」、BEGIN「ミーファイユー」など ◎CM「サッポロビール・生搾り」「ミツカン・金のつぶ納豆」「サントリー・沖縄チューハイ」など
◎テレビドキュメント NHK「琉球の魂を歌う」「照屋林助の50年」RBC「命の御祝い」WOWOW「情」の世界は滅びない〜未来に流れる琉球民謡。NHK「ブタの音がえし〜BEGINが結ぶ沖縄とハワイの絆」ATP賞ドキュメンタリー部門優秀賞。
◆著作(単行本)◆
◎「おじいおばあの極楽音楽人生」(実業之日本社 2003年)
◎「小説・恋しくて」(新潮社 2007年)
◎「さんかく山のマジルー・真夏の夜の夢」(ポプラ文庫 2009年 絵/荒井良二)

又吉演
1969年、那覇市生まれ。今帰仁村観光協会事務局長。プロデューサー。高校時代から映画監督中江裕司に師事し映画を学び、以後、漫画家、ミニコミ誌の制作、ラジオDJ、WEBデザイナー、専門学校講師、広告代理店等、多方面で活躍。平成15年、沖縄フィルムオフィス設立を手がけ、スタッフとなる。県外からの映画ドラマ誘致支援、県内作品のPRセールス等。平成23年任期満了で沖縄フィルムオフィス退職。平成24年今帰仁村観光協会事務局長就任。


【日時】
2013年11月21日(木) 15:00〜17:00  
終了後に交流会があります(実費負担をお願いします。)

【会場】
沖縄産業支援センター3F 303会議室

【受講料】
無料

【定員】
30名

【主催】
公益財団法人沖縄県産業振興公社

【参加申込】
下記1〜5の項目を記載のうえ、件名を「11/21セミナー申込み」として、メールでの御予約をお願いします。
宛先 contents@okinawa-ric.or.jp 
1.氏名 (ふりがな)
2.所属
3.メールアドレス(必須)/電話番号(任意)
4.交流会参加の有無
5.話題提供者等へ質問事項があれば、合わせてご記入ください。


【お申込み・お問い合わせ】
公益財団法人沖縄県産業振興公社 担当:高木、山城、松原
TEL:098-859-6239 FAX:098-859-6233