Open Source Sofware


ホーム  > 《お知らせ》  >   > 沖縄のメリットを活かし、沖縄IT企業のアジア進出を!【ITフォーラム2011】

沖縄のメリットを活かし、沖縄IT企業のアジア進出を!【ITフォーラム2011】

2011年05月06日(金)
カテゴリ:,
おきなわ新産業創出 ITフォーラム2011
「アジアを、組み込む。沖縄IT企業の成長シナリオを探る」

フォーラムへのご参加、ありがとうございます。アンケートのご協力のほどよろしくお願いします。
ITフォーラムアンケートは【 こちら


 情報通信技術の大きな特徴の一つに、地球の裏側でも瞬時にデータを転送したり、離れていても業務やサービスの提供が可能であったりと、物理的な距離に依存しないという点があげられます。
 沖縄ではこのITの特徴を最大限に生かし、本土の都市圏から業務を受託し、コールセンターやデータセンターを集積させてきました。私たちはこれまで、デメリット以外のなにものでもないと考えていた「離れていること」を逆手にとり、この10年間、そしてリーマンショック以降さえも成長することができました。
 そしていま、次の10年に向けて新しい成長エンジンを創る時が来ています。未曾有の震災でパラダイムシフトを興さざるを得ない本土企業との新しい関係もその1つではありますが、アジアの市場や人材との連携は間違いなく、沖縄の成長を牽引する中心的な要素であると思います。
 これからの10年はアジアと「近いこと」が沖縄最大のメリットとなることでしょう。これまでと発想を180度転換してみてはいかがでしょうか。本土に向けて、東向きに出張を行っていた10年を経て、今年から、台湾や香港、上海、ベトナム方面へと西向きでもビジネスをしてみませんか?

入場無料・駐車場無料
→参加希望者は onicpt@okinawa-ric.or.jp まで事前予約をお願いします
→Twitterハッシュタグ #okiasia

日時:2011年 5月 10日(火)14:00-17:15
場所:沖縄産業支援センター 1Fホール(那覇市小禄1831-1)

13:40:開場
14:00:主催者あいさつ
14:10:基調講演・吉村章(台北市コンピュータ協会・駐日代表)
     「中小企業の進出事例に見る中国・台湾ビジネスの注意点」(60min)
15:10:沖縄IT企業のアジア進出事例報告(各社10min)
     ・中国(成都)企業との合弁の狙い・近藤有司(ウィナーイン沖縄)
     ・台湾ゲームメーカー・ガマニア社との業務提携・足立靖(エンジンズ)
     ・ベトナム(ホーチミン)での事業展開・宮里敏夫(ジーエヌエー)
 休憩(10min)
16:00:「おきなわ新産業創出投資事業」紹介(10min)
16:10:パネルディスカッション
     「アジアと沖縄IT企業の成長シナリオ」(60min)
     パネリスト: 吉村章、 近藤有司、 足立靖、 宮里敏夫
     司会:永井義人(沖縄県産業振興公社)

主催:財団法人 沖縄県産業振興公社


ITフォーラム案内チラシ

【問い合わせ先】
(財)沖縄県産業振興公社 産業振興課 担当:永井
TEL:098-859-6239
FAX:098-859-6233
E-mail:onicpt@okinawa-ric.or.jp