Open Source Sofware


ホーム  > 《お知らせ》  >   > 【10/12・13開催】AWSEN Summit vol.1 in Okinawa「誰ひとり取り残さない」ために私たちができること

【10/12・13開催】AWSEN Summit vol.1 in Okinawa「誰ひとり取り残さない」ために私たちができること

2019年09月19日(木)
カテゴリ:
「誰ひとり取り残さない」ために私たちができること
〜日本とASEANをつなぐ沖縄から生み出すSDGs実現への一歩〜


ベンチャー企業スタートアップ支援事業では、(一社) オーセン、JICA沖縄とともに「『誰ひとり取り残さない』ために私たちができること〜日本とASEANをつなぐ沖縄から生み出すSDGs実現への一歩〜」とし、SDGs達成に向けたビジネスのあり方やソーシャル・イノベーションをテーマにイベントを開催します。

本サミットは、SDGsの実現に向け、「誰ひとり取り残さない」世界を実現していくために、暮らしの身近にある社会課題をビジネスの力で解決しているソーシャルビジネスの先駆者である企業や起業家、それらを支援する専門家に登壇いただきます。

1日目(DAY1)は、アジア女性起業家のプレゼンやパネルディスカッションなど、基礎となる知識や先駆者たちの経験等を中心に開催します。
また、2日目(DAY2)は、社会起業家の取り組みや、彼らを支援する動き等の講演やワークショップから、自分にとっての社会について議論し、共創が生み出される機会をつくるような内容となっております。
2日間を通じて、SDGsの実現に向けた参加者それぞれの一歩を踏み出す時間となれば幸いです。
みなさまのご参加お待ちしております。


【開催日時】
・DAY1
 令和元年10月12日(土)10:00〜18:00(受付開始は 9:30)
 ※一般社団法人オーセン(アジア女性社会起業家ネットワーク)が実施する交流会(2,000円/人)が18:30〜20:30

・DAY2
 令和元年10月13日(日)9:50〜18:00(受付開始は9:30)

【会場】
 沖縄県立図書館 3階ホール
 沖縄県那覇市泉崎1-20-1
 ※交流会は琉球新報ホール
  
【内容】

DAY1 10月12日(土)

10:00 Opening

10:25 Key Note Speech

11:20 Key Note Session 1
「"誰ひとり取り残さない"経済・社会・個人としてのあり方:これからの幸せな社会について考える」
 スピーカー: 大室悦賀氏、占部マリ氏、佐野景子氏
 モデレーター: 渡邉さやか

13:30 Inspiration Talk 1
「企業のあり方とSDGs:"誰ひとり取り残さない"と事業」
 スピーカー: 中西宣夫氏
 モデレーター: 大室悦賀氏

14:30 Inspiration Talk & Panel Discussion 2
「アジア女性起業家のストーリー:アジアで挑戦する日本人女性起業家たち」
 スピーカー: 加藤侑子氏、原口瑛子氏

15:50 Inspiration Talk & Panel Discussion 3
「アジア女性起業家のストーリー:女性たちが生み出す新たな社会」
 スピーカー: Nguyen Thi Van 氏、Azalea Ayuningtyas氏

17:30 Sharing & Closing

18:30 Welcome Dinner at 琉球新報ホール
出演:玉城節子さん(玉城流翔節会家元)、劇団群星ほか


DAY2 10月13日(日)

9:50 Opening

10:00 Key Note Session 2
「祈りと自然と経済:私たちが共に生き、創る未来」
 スピーカー: 島津清彦氏、大城清太氏、大室悦賀氏
 モデレーター: 風間美穂

11:20 Key Note Sessin 3
「持続的な地域と起業家:アジア各地の社会起業家たちの挑戦とそれを支援する動き」
 スピーカー: 三尾徹氏、Dian Wulandari 氏、Haidy Leung 氏
 モデレーター: 渡邉さやか

13:30 Breakout Session: Entrepreneural Journey
「女性起業家たちのこれまでの挑戦・学び・これからについて ここだから語れること」

17:00 Closing


【定員】
 150名
 ※定員に達し次第受付を終了させて頂きます。

【対象】
 身近な課題に取り組んでいる方
 SDGs・ソーシャル・イノベーションに関心のある方
 社会起業家の方、及びその支援者の方

【共催】
 公益財団法人沖縄県産業振興公社、一般社団法人オーセン(アジア女性社会起業家ネットワーク)、独立行政 法人国際協力機構沖縄センター(JICA沖縄)、沖縄県

【協賛】
 株式会社うむさんラボ、株式会社沖縄銀行、株式会社沖縄タイムス社、
 株式会社琉球銀行、株式会社琉球新報社、高橋秀明、株式会社meguri、
 オキコ株式会社、株式会社海邦総研、株式会社ラポールヘア・グループ
 琉球通運株式会社
 
【協力】
 一般社団法人アントレプレナーシップ沖縄、沖縄県立図書館、
 国際交流基金アジアセンター、請福酒造有限会社、劇団群星

【後援】
 沖縄テレビ放送株式会社、琉球朝日放送株式会社、琉球放送株式会社

【メディアパートナー】
 株式会社琉球新報社

【WEB申し込み】
https://docs.google.com/forms/d/1-oqMYX9KiOinWEaFs_bA-MPqWbPjSHn8SlBSrlHMUDA/edit

※先着順となり定員に達し次第募集は締め切ります。


 申込受付期間:10/10(木)まで
 チラシはこちら → セミナーチラシ [PDFファイル版:3.5MB]


【パネリストプロフィール】

Nguyen Thi Van氏(Imagtor CEO:画像編集)
 Van は、障害が理由で子供時代に多くの困難や差別にあい、彼女は貧困から抜け出し、障害者に対する社会の偏見をなくしていきたいとずっと切望してきた。2016年に設立したimagtorという画像編集や2D・3D のビデオ編集サービスの会社の共同設立者で、現在80人以上を雇用し、このうち半数以上は障害者である。また、Will to Live Center というNPO の共同創業者でもあり、障害者に無料でIT 職業訓練を提供している。2019年Forbes ベトナムに影響ある女性50 人に選ばれている。

Azalea Ayuningtyas氏(Du'Anyam CEO:クラフト)
 Du'Anyam は、クラフトの製造・販売を通じて女性のエンパワメントと文化促進、インドネシアの離島など地方地域の公衆衛生や生計向上を目的として、2014 年に創業した社会企業。伝統的なこの地域の織りの文化や技術をグローバルな市場とつなげることで、織り手約1000 人の現金収入約40% 向上を実現している。Ayu は、ハーバード大学の公衆衛生の修士学生のときに、この事業のコンセプトについて考え、帰国後事業を開始している。

加藤 侑子氏(MJIエンタープライズCEO:マイクロファイナンス)
 1984年 京都生まれ。高校卒業後、家庭・経済状況などから進学を断念、派遣会社等に勤務。20 代から海外特にアジアでのビジネスに関心を持つが壁に阻まれる。あきらめず機会を探し続け、2013年 一従業員としてミャンマーに渡る。渡航後、MJI Enterprise 社の設立からマイクロファイナンス事業開始までを現地で指揮し、 2016年CEO 就任。2018年 同社の発行済全株式を取得。現在、8支店10 エリ97人の従業員と共にファイナンスインクルージョンとミャンマーBOP 層の生活向上、農村に住むビジネスウーマンの事業拡大に奔走している。

原口 瑛子氏(Business Leather Factory 代表:レザーバック製造・販売)
 高校時代に「ハゲワシと少女」の写真を見て「世界中の貧困をなくす」という志を持つ。早稲田大学卒業後、サセックス大学開発学研究所にて貧困と開発修士課程を修了。その後、国際協力機構(JICA)に入構、国際機関との連携事業や中南米地域の円借款事業などを担当。2015年にボーダレス・ジャパンに入社、2017 年ビジネスレザーファクトリー代表取締役社長に。バングラデシュの貧困問題解決の事業に取り組んでいる。


▼お問い合わせ
 (公財)沖縄県産業振興公社 産業振興部 産業振興課 名幸、大西、仲村、富川
 TEL:098-851-8866 FAX:098-859-6233
 Eメール: venture@okinawa-ric.or.jp