Open Source Sofware


ホーム  > 《お知らせ》  >   > 【終了】EVバスシンポジウム

【終了】EVバスシンポジウム

2012年03月06日(火)
カテゴリ:,

県内は運輸部門の温室効果ガス排出割合が高く、地球温暖化防止対策の観点から、運輸部門の低公害車への転換や公共交通機関の利用促進を図る必要がある。
平成23年度より沖縄県の委託を受け、当公社で実施しているEVバス開発・実証運用事業は、その取組の一環として、路線バスを電動化(EVバス)することで、渋滞の激しい本当南部の都市地域の公共交通網を低公害化するとともに、EVバスの効果的な運用を検討し公共交通の利用促進を図ることを目的としている。
 また、本事業における路線バスの電動化により将来の次世代自動車産業への対応できる技術力を県内産業へ蓄積していくと共に、新たな産業創出を図ることも目的に進めている。
 本シンポジウムでは、来年度から開始される実証運用を前に県民に本事業を広く広報すると共に環境保全に対する意識改革、電気自動車などのEV関連技術の早期取り組みの重要性・必要性を認識する為に開催する。

【日時】
平成24年3月14日(水) 午後13:30〜16:00(開場13:00)

【場所】
沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

【内容】
(1)EVバスラッピング表彰式
(2)基調講演「スマートシティの新潮流とビジネス機会」
        ・・・・・・日経BPクリーンテック研究所  所長望月洋介
(3)パネルディスカッション
   「『電気バスが街を走る』を題材に、沖縄県内における電気バス開発状況、
   電気自動車開発の取組、コンバート技術の普及について議論」
        ・・・・・・(モデレーター)
            日経BPクリーンテック研究所     所長 望月洋介
             (パネリスト)
            琉球大学工学部環境建築工学科  教授 堤純一郎
            (株)東京アールアンドデー  代表取締役社長 小野昌朗
            AZAPA(株)       代表取締役社長&CEO 近藤康弘
            沖縄県金型技術研究センター  センター長 金城盛順

【参加費】
無料

【申込方法】
チラシ裏面の申込用紙に必要事項ご記入の、FAXでお申込み下さい。 →【PDF Download

【申込先・お問合わせ先】
財団法人沖縄県産業振興公社 産業振興部産業振興課(佐藤、新川)
FAX:098-859-6233
TEL:098-859-6239