Open Source Sofware


ホーム  > 《お知らせ》  >   > 新産業事業化促進事業 専門嘱託員 募集

新産業事業化促進事業 専門嘱託員 募集

2019年07月30日(火)
カテゴリ:

公益財団法人沖縄県産業振興公社(以下、「公社」という。)では、中小企業等の総合支援や沖縄県の商工施策を補完する中核支援機関として様々な事業を実施しています。
沖縄県においては、成長意欲のあるベンチャー企業等の優れた研究開発に対して補助し、専門家によるハンズオン支援を行うことで、企業の集積を図り、新産業の核となる企業を育成する事業(新産業事業化促進事業)を実施しております。
そこで、公社では、本事業の受託を前提に、当該事業の進捗管理及び採択企業に対するハンズオン支援、補助金検査などにおいて、的確な助言・アドバイスができる人材を募集します。


1.募集人員(職名)
専門嘱託員(主にバイオ関連分野の案件を担当)・・・1名

2.採用方法、任期、業務内容等
(1)採用方法
   公社の嘱託員として採用

(2)任期
   令和元年(2019年)9月1日(応相談)〜令和2年(2020年)3月31日
  (雇用期間は単年度に限ります。ただし、本事業の実施期間中、業務評価等を実施し、その評価に応じて雇用契約を更新する場合があります。なお最長雇用期間は5年です。※規程改正に伴い、当公社との直前の雇用契約から6ヶ月以上の空白期間があれば、応募ができるようになりました。)

(3)業務内容
 ア 「新産業事業化促進事業」の運営
  ア.本事業に関する周知、公募、審査、委員会の開催
  イ.採択企業の研究開発及び新規性の高いビジネスモデルの事業化に係るハンズオン支援
  ウ.採択企業が行う研究開発及び新規性の高いビジネスモデルの事業計画検証に係るハンズオン支援
  エ.採択企業に対する補助金の検査及び指導
  オ.その他、当該事業に関すること
 イ その他、他機関、他部署との連携や経営全般支援など産業振興課で必要とされる業務
  ※本事業は、今回募集の専門嘱託員の他、一般嘱託員、担当職員の計5名で事業を実施する予定です。事業内容及び業務内容の詳細についてご不明な点等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

(4)専門嘱託員に期待する能力、特性は以下のとおり。
 ア.事業の全体計画の策定、組織運営、総合調整等の能力に優れていること。
 イ.バイオ関連分野に関する専門的な知識、経験を有すること。
 ウ.幅広い情報、人的ネットワークを有し、ビジネスマッチング能力を有すること。
 エ.研究開発成果の事業化を見据えた研究プロジェクトを円滑に進めるため、採択企業の経営・研究実施状況を理解して親身に相談・指導に徹する心構えを有すること。
 オ.補助金の執行について、採択企業に対し適切に助言することができること。
 カ.沖縄県の地域経済特性についての知識を有することが望ましい。

(5)応募資格
 ア.4年大学卒業以上。
 イ.普通自動車運転免許(AT車限定可)を有し、自ら運転できる者。
 ウ.事業を効果的に実施するための事務処理能力(パソコン、インターネットを活用した業務の処理能力など)及び企業、関係機関等との調整能力を有すること。
 エ.事業の目的を理解し、チームメンバーと協力して事業執行を行えること。

 ※次のいずれかに該当する方は応募を受け付けないものとする。
 ア.成年被後見人及び被保在人
 イ.禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、またはその執行を受けることがなくなるまでの人

3.委嘱条件
(1)身  分 常勤嘱託
(2)報  酬 勤務日1日あたり
        専門嘱託員:24,000円〜26,000円以内
        ※経歴等を踏まえて決定します。
        ※別途、時間外勤務手当の支給あります。
(3)勤務日数 月20日以内(応相談)
(4)勤務時間 午前8時30分〜午後5時15分 ※入社の翌月より時差出勤の選択ができます。
(5)勤務地  (公財)沖縄県産業振興公社 事務所内
        (所在地:那覇市小禄1831番地1 沖縄産業支援センター4階)
(6)休 日  土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12/29〜1/3)、慰霊の日
(7)休 暇  年次有給休暇は雇入れの日から2ヶ月継続勤務後毎月1日付与(6ヶ月経過後通算10日)※1時間単位から取得できます。
        年次有給休暇以外の有給休暇等(公社規程による)
(8)社会保険等 社会保険、雇用保険等を適用する。
(9)その他   その他の雇用条件については、当公社の就業規則を準用する。

4.選考方法
(1)第1次審査(書類審査)
   提出書類により書類審査を行い、その合格者に対して通知します。

(2)第2次審査(面接審査)
   書類審査の合格者に対し、公社内の委員会において面接審査・選定した後、理事長が決定し、その合否の結果を通知します。
   ※上記いずれの審査結果においても、問い合わせには応じられません。

5.応募方法
(1)応募書類の提出
 下記の書類を封書にて送付または持参して下さい。また、封書の表書きには、「専門嘱託員(新産業事業化促進事業)」応募書類在中」と明記願います。
 なお、応募の際に提出いただいた書類は返却できませんので、ご了承下さい。
申込書(様式1)【Word:42KB】
② レポート
 自身の実務経験を踏まえた上で、「ベンチャー企業等が行う研究開発や新規性の高いビジネスモデルの事業計画検証時において、必要な取り組み及び支援とは」について、1,600字程度(A4縦 横書きで1〜2枚に収めること)のレポート作成をお願いします。
③ 履歴書(写真貼付すること)及び職務経歴書(様式自由)
④ 履歴書等に記載されている保有資格がある場合は、それを証明する写しをご提出ください。

(2)応募締切
令和元年8月21日 17時まで
(3)面接予定日
令和元年8月28日


6.申し込み・問い合わせ先
 当該事業(業務内容)、勤務条件についてご質問等がありましたら、下記担当まで問い合わせ下さい。
 〒901-0152 沖縄県那覇市小禄1831番地1 4F
 (公財)沖縄県産業振興公社 産業振興部 産業振興課 富川
 電話:098-859-6239   FAX:098-859-6233